メイン画像

意外に50代が多い


実は20代の次に多いのが、50代のネットカフェ難民なんです。
なぜ50代が多いのでしょうか。

会社の終電がなくなり、家に帰ることが出来なくなり、
最初数は少なかったのが、だんだん回数が増えてくるのだそうです。

ネットカフェは夜のナイトパックがあるところがほとんどで、
9時間で1000円、ドリンク飲み放題などのプランがあります。

9時間で1000円であれば、ホテルより安いし、
何でもそろっているので、利用してしまいます。

それから、日雇い労働者が結構多いですね。
会社でリストラに合い、仕事がなくなって、
その日暮らしになってしまった。
という人はたくさんいます。

ただ、気を付けて欲しいです。
韓国の50代の男性はネットカフェを利用していて、
トイレで亡くなったという事件もありました。

数年前に厚生省がネット難民を調査した時があって、
5400人いると言われていましたが、
現在はもっと増えているのではないかと思います。

全国各商工労働局では、対策がなされていますが、
安定した雇用につながっているかは定かではないのが現状ですね…